冷え性対策を紹介しましょう

運動

普段寒さを感じたときに、その場で何度か足踏みをしたり、手先を動かしたりするだけで、少し温まりますよね?冷え性の場合も、血行を良くすることでカラダ全体が温まってきます。軽い運動であれば、どのタイプの冷え性にも効果的です。ここでは、冷え性対策におすすめの運動方法を紹介しましょう。

運動が効果的なワケ

体を動かしているうちに、ポカポカと温まってくるのは、血行が良くなるからです。それによって冷え性も改善されるのですが、他にも運動が冷え症に効果的な理由があります。無理なく続けられそうな運動を、毎日徐々に行いましょう。

温まりやすい体に!

運動をする女性

体内で熱を作り出す役目をする筋肉。日頃から運動する習慣のない人は、意外と筋肉がありません。毎日運動することで、少しずつ筋肉がついていき、体そのものが温まりやすくなります。


代謝をスムーズに!

服装や食生活にも気をつけて、体を冷やさないようにしているつもりでも、冷え性はなかなか改善されないものです。そこに運動を取り入れると、代謝がスムーズになり、不要な水分や老廃物などが排出されやすくなります。

ウォーキング

気軽に始められそうな運動として、第一に挙げられるのは、ウォーキングではないでしょうか。まずは、1日のうちで30分歩くことから始めてみましょう。たとえば夕方の買い物の際などに、往復30分歩きましょう。ウォーキングに限らず、他の運動もそうですが、できるだけ毎日同じ時間帯に行ったほうが習慣づけしやすいです。特に車があると、歩く機会が少なくなったりしますが、ウォーキングするぞ!と構えなくても、ちょっとした心がけで歩く時間を増やせます。

歩き方の基本

犬と散歩

背筋を伸ばし、まっすぐ前を見て、大きめの歩幅で歩いてください。腕も大きめに振り、呼吸は「スッスー(吸って)ハッハー(吐いて)」と、テンポ良く行います。全身を動かすように意識して、少し急ぎ足気味に歩くといいでしょう。


ストレッチ

自宅でテレビを観ながら気軽にできる運動はないかなぁ……そんな人におすすめなのが、ストレッチ。自宅での簡単ストレッチで、冷え性を改善できちゃいます。専用器具などを用意する必要もなく、すぐに始められます。ストレッチで大切なことは、痛みを感じる寸前で止めることです。“イタ気持ちいい”くらいが良いでしょう。また、少しずつ休憩を挟みながら、例えば20回×2セットというふうに、ある程度まとまった回数を行うと効果が得られます。

足首・手首

寝起きのイメージ

足先や手先の冷えに悩んでいる人は、足首・手首のストレッチをしましょう。仰向けに寝て、足首を思い切り伸ばします。次につま先を手前に引き寄せ、かかとを前に押し出すような感じにします。これを1セット20回、片足ずつ行ってください。 手首のストレッチは、両方の手のひらを合わせ、指を組んだ状態で左右10回ずつ回しましょう。

空中自転車こぎ

空中での自転車こぎは、全身の血行促進によく効きます。仰向けに寝て、天井に向けて足を伸ばします。このとき腰も浮かせるようにして、手で支えます。そして、自転車こぎの動作をしましょう。20回を2セットが理想ですが、辛いようなら1セットでも構わないので、自分のペースで行いましょう。

マッサージ

マッサージは、血行を促進するだけではなく、気分をスッキリさせることができるので、ストレス解消にも役立ちます。マッサージが冷え症に効果的なことは分かっているけど、自分では上手にできない……と思っている人もいるでしょう。もしかして、ただやみくもにマッサージをしてあまり効果が得られていないのでは?冷え性に効果的なツボを刺激することで、辛い症状が改善されます。

マッサージのコツ

足のマッサージ

お風呂上りや寝る前など、筋肉の緊張がほぐれているときにマッサージすると、効果的です。さらに、冷え性に効くツボを刺激すれば、効果は倍増します。足の場合は薬指と小指の付け根、手の場合は親指の付け根(人差し指側)をゆっくり押しながら、揉みほぐしましょう。また、マッサージの際には、マッサージクリームを使うことをおすすめします。


基礎知識のカテゴリーへ
あなたはどのタイプのカテゴリーへ
冷え性対策のカテゴリーへ
病院での治療のカテゴリーへ