発祥の仕組みを理解しよう

冷え性の仕組み

多くの女性の悩みの種になっている冷え性。季節問わず手足が冷たい……そんな厄介な症状は、どうして起こるのでしょうか?冷え性を改善するためには、まず、発症の仕組みを知らなければいけません。というわけで、冷え性が起こる仕組みについて、見ていくことにしましょう。

人は恒温動物

私たち人間は、暑さ・寒さを自動的にコントロールして、体温を一定に保つことができる機能を持っている「恒温動物」です。夏場の気温が30度を超えても、冬場の気温が氷点下になっても、健康体であれば、体温は36~37度くらいのものです。 皮膚下では、血管が収縮することで体内の熱の放出を防ぎ、さらに体内では糖質や脂肪を燃やして熱を作ろうとします。その熱で温められた血液が全身を循環すると、体が温まるという仕組みになっています。反対に体温を下げる場合は、汗で体内にこもった熱を外に出します。 この体温調節の機能が、うまく働かなくなってしまうことで、冷え性が起こります。体温調節機能は、以下の項目で説明する3つの仕組みによって作用しています。

皮膚神経

皮膚には、周囲の温度を感じ取る神経があって、“寒い”“冷たい”という感覚は、皮膚から脳に伝わっていきます。このセンサー機能によって、常に周囲の温度を察知し、身体を守っているのです。さらに、体温や湿度、体液など身体の機能を維持するために、重要な物質が外に出てしまわないようにガードするのが、皮膚の役目になります。 センサー機能とガード機能……これら2つの機能が連動しながら体内温度の調節を行っています。

機能が鈍るキッカケ(※1)

冷暖房

冷暖房の効いた室内と屋外の温度差によって、皮膚のセンサーがうまく作動しなくなることが考えられます。このほか、サイズの小さなきつい靴や下着などの着用で、皮膚を締め付けることもよくありません。


自律神経

心臓を動かしたり、汗をかいたりすることなど、無意識のうちに自動で働く神経を自律神経と言います。自律神経には、「交感神経」という活動する神経と、「副交感神経」という休む神経があります。この2つの神経のバランスが乱れると、「自律神経失調症」と言われる状態になり、冷え性も起こりやすくなります。この病気は、体の状態を一定に保つための重要な部分である、視床下部の異常によって起こります。

機能が鈍るキッカケ(※2)

寝過ごしたイメージ

自律神経は、感情をコントロールする神経の影響を受けたり、女性ホルモンの分泌に関係する神経とも大きく関わっています。このため、ストレスや睡眠不足など、様々なことが自律神経を鈍らせる引き金になります。


血流

血流が悪ければ、体内で温められた血液が、体の隅々まで届きにくくなってしまいます。「人は恒温動物」の項目で、『血管が収縮することで体内の熱の放出を防ぎ~』とありますが、末端まで十分に温かい血液が行き渡らなければ、その機能が働くことはありません。静脈の流れが悪いことで、動脈の血液が全身に届く前に、冷えてしまうのです。

機能が鈍るキッカケ(※3)

デスクワークイメージ

血流の悪さも、様々な要因が引き起こします。動脈硬化や、長時間のデスクワーク、立ち仕事が血流を悪くし、体温調節の機能を狂わせます。また、最近の若い女性に多い過剰なダイエットにも注意しましょう。

※1・2・3:冷え性が起こる原因について、より詳しいことは【冷え性の原因】のページ、または「あなたはどのタイプ?」のカテゴリ内のページをご参照ください。


基礎知識のカテゴリーへ
あなたはどのタイプのカテゴリーへ
冷え性対策のカテゴリーへ
病院での治療のカテゴリーへ