医師の指示を守りましょう

漢方薬

自分なりにあらゆる対策を講じても、冷え性の症状が改善されない場合は、病院を受診すれば漢方薬が処方されることもあります。漢方薬を服用したら、長年悩んでいた冷え性のひどい症状が嘘のように軽くなった……という人もいます。効き目は緩やかな漢方薬ですが、人によって合う・合わないがあるので、注意しましょう。

漢方薬とは?

みなさんは、漢方薬を服用したことがありますか?言葉だけは聞いたことがあるものの、どんな薬なのか実際にはよく知らない……という人もいるでしょう。

生薬って?

植物や動物など、自然界の天然物をそのまま利用する薬のことを「生薬」と言います。この生薬は、医薬成分が含まれているものと、そうでないものとに分けられます。前者は、漢方薬、後者が民間薬や薬草などになります。

漢方薬の考え方

まず、医師が患者を診察して、その症状や体質などを判断します。判断結果に応じて、何種類かの生薬を組み合わせた薬を処方するのです。そのため、「オーダーメイドの薬」と言えるでしょう。また、『人がもとから持っている病気を治す力を高める』あるいは『力を引き出す手助けをする』というのが、漢方薬の基本的な考え方になります。

冷え性の治療

いくらひどい症状が出ていても、ただの冷え性だから病院に行く必要はない……と、思っている人も多いのではないでしょうか。ですが、あまりに辛い冷え性の場合は、「病院を受診する」という選択肢もあります。

漢方薬を処方してもらおう!

手の冷え

冷え性に効果が期待できる治療の1つに、漢方薬の服用が挙げられます。漢方薬を処方してほしい旨を伝えて、診察してもらいましょう。「あなたはどのタイプ?」のカテゴリ内の各ページで紹介しているように、冷え性にはいくつかのタイプがあるため、そのタイプに合った漢方薬を数種類調合して処方します。

冷え性に使われる漢方薬

冷え性の治療によく使われる、代表的な漢方薬を紹介しましょう。それぞれ、どのような作用があるのでしょうか?もちろん、この他にも様々な漢方薬を調合し、その人に合った薬を処方します。

漢方薬 主な作用
八味地黄丸(はちみじおうがん) 手足の冷え、疲労感、腰痛、頻尿など
鹿茸大補湯(ろくじだいほとう) 手足の冷え、乾燥肌、貧血、食欲不振など
人参湯(にんじんとう) 手足の冷え、胃腸虚弱、下痢、嘔吐など
五積散(ごしゃくさん) 手足の冷え、胃腸炎、腰痛、生理痛など
補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 倦怠感、食欲不振、低血圧、多汗など
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう) 風邪、気管支炎、頭痛、倦怠感など

使用上の注意点

冷え性と一口に言っても、その症状は人によって異なります。なので、処方される漢方薬の種類も違います。決して自己判断で処方を決めずに、医師または薬剤師に相談の上、漢方薬を選んで服用するようにしてください。

副作用

漢方薬は効き目が穏やかで、副作用もないと思っている人が多いかもしれません。薬そのものが体に害を与えるようなことはありませんが、漢方薬に使われている生薬が体に合わない場合が考えられます。万が一、熱感や湿疹、食欲不振、便秘などの副作用症状が見られたら、医師に相談しましょう。

間違った使い方

腰痛

医師の指示に従わず多量に服用したり、自己判断のみで薬を選んだりすると、腹痛、頭痛、食欲不振、倦怠感などの症状が出ることがあります。副作用と勘違いする人もいますが、これは間違った使い方をすることであらわれる反応です。絶対に、医師や薬剤師の指示を守るようにしてください。そうでなければ、効果を得ることはできません。


基礎知識のカテゴリーへ
あなたはどのタイプのカテゴリーへ
冷え性対策のカテゴリーへ
病院での治療のカテゴリーへ